知識0のサラリーマンが完全放置なFXで月5万円稼ぐ

専門的な知識のないサラリーマンが完全放置なFXでお小遣いを月5万円増やすべく頑張るブログです。

資産評価額、預託金残高、損益評価額などFXの用語について調べてみた



資産評価額?証拠金維持率?取引で表示される専門用語を一括チェック!


f:id:osusme:20170525083640j:plain


FXの取引をしていると様々な用語を目にします。
特に取引中目にするのは資産評価額や証拠金維持率などの漢字ばかりの用語。

難しそうに見える用語ばかりで、何だか心配になってしまいますよね。
そんなFX取引の際に表示される専門用語について調べてみました。

資産評価額

資産評価額とはFXの口座の資産に含み益あるいは含み損を加えた金額を指します。
例えば100万円をFX口座に入金し、1万円の含み益が出た場合は101万円が資産評価額ということになります。

また100万円をFX口座に入金し、1万円の含み損が出た場合は99万円が資産評価額ということになります。

預託金残高

預託金残高は、FX口座に入金された金額のことを指します。
100万円入金したら100万円ですし、預託金残高に含み益や含み損が影響することはありません。

損益評価額

損益評価額とはいわゆる含み益や含み損のことを指します。
1万円含み益がでれば1万円が損益評価額ということになりますし、1万円含み損が出ていれば-1万円が損益評価額ということになります。

純粋に取引によって発生した差額が損益評価額ということですね。

取引必要証拠金

取引必要証拠金とはFX取引をする際に担保にするお金のことを言います。
ポジションを取るためには、取りたいポジションの大きさに比例した額の取引証拠金が必要になります。

例えば1ドル100円と仮定して考えてみましょう。
レバレッジをかけずドル円で1万通貨の取引を行う場合100万円が口座にあることが必要になります。

この100万円が取引証拠金ということになります。

ですがいきなり100万円の入金はなかなかむずかしいもの。
FXではレバレッジによって実際の資金より大きな運用を行うことが可能なため、実際よりも少ない証拠金で取引が可能です。

たとえばレバレッジを25倍で設定した場合、取引証拠金が取引金額の4%以上あれば取引可能ということになります。

1万通貨の取引を行う場合、4万円程度が口座にあれば取引ができるということですから、ぐっとハードルが下がりますね。

証拠金維持率

証拠金維持率とはそのポジションを維持するために必要な証拠金がどの程度維持されているかパーセントで示したものです。

例えばレバレッジ25倍で口座には5万円、ドル円で1万通貨(取引証拠金4万円)を保有している場合、損益評価額が-1万円になった場合の証拠金維持率を計算してみましょう。

(資産5万円-含み損1万円)÷取引証拠金4万円×100=証拠金維持率100%

ということになります。
この証拠金維持率が一定より低くなると強制決済であるロスカットが執行されてしまうので、注意が必要です。


FXの用語について確認してきましたが、ひとつひとつの意味がわかれば他の用語も分かりやすくなりますね。

ぜひ取引の前に確認しておきましょう。